長束ラヂオ

どいたろうさん主宰。 『長束第6太鼓旅団』 ・プロパガンダ専用ラヂオ局

Category: 太鼓の譚   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

第一回ながつか盆おどり













昨日夜は、第一回ながつか盆おどりでした。
周防大島から帰り、浴衣に着替え地元長束小学校へ…。


~春のころ、地元の西さんや福永さんが駐屯地にお見えになって
 古くから伝わる太鼓と唄だけの「長束音頭」の復活のお話を
 して下さいました。長束音頭で踊る長束盆踊りは昭和の初めに
 蓮光寺(長束)の立派な松を巡って盛んに行われ、当時様々な
 競演大会に出向いて優勝するなど、長束村の超一大イベントでした。
 戦後、松の樹勢が衰えたのもあり、行われなくなりました。
 長束では小学校で地区の盆踊り大会が引き続き行われていましたが
 今年からオール長束で行う「ながつか盆踊り」として開催するとの事。
 CDなどの音源も良いが、昔ながらの太鼓と唄だけを再現したい。
 そして、地区の小中学生たち、後継者も育てたい。
 との思いの籠ったお話に触れました。

~昔の資料を沢山預かり、練習をして7月、
 福永さんや西さんが長束6地区に声を掛けて集まった小中学生11名と
 水曜日の夕方練習を重ねました。とてもシンプルなものですが、
 だからまた奥も深く…「長束音頭」初心者の私も一緒に修行修行。
 ひとりずつ、唄もうたい、太鼓も打ち、合の手も打ちつつ…。
 

長束小学校のグランドには、福永さんや西さんら長束の大人たちが
準備された櫓と提灯があって、これまでにない人出があって
とても活気に満ちていました。
鳴り響く、小中学生たちの太鼓。私も櫓に昇って唄いました。
その子どもたちを見守るように、長束の大人たちの踊りの輪が出来
とても心が安らぐ素晴らしい時間でした。

ご先祖さまをお迎えする、ともに愉しむ盆踊り。
昭和の初めの「長束先輩」たちも来て下さった事でしょう。
「おまえのうたぁ~まだまだじゃ~!」
先輩たちから言われてるような(礼)
先輩たちを感じながら、小中学生たち後輩と過ごし
家族も総出で関わらせて頂いた「ながつか盆踊り」
とてもサイコ―な夏、でした!

後輩たち、あとはたのんだぞー!(笑)





長束後輩たち、そして後輩たち取締役ともさん(礼)












関連記事
スポンサーサイト

Comments


06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
報告書・月別